2015.11.25 日出学園小学校・平山校長先生インタビュー
 
 
 
 ※以下の記事はコメント者ごとに色分けしております。内訳は以下の通りです。
 緑字 二見校長コメント
 橙字 塾長コメント


 本日はお時間頂きましてありがとうございます。今年の受験が終わりまして、平山先生の総括というかご感想や受験の様子をお聞かせ願えたらと思います。

 平成28年度入試を振り返りまして、第一志望入試導入1年目ですので、出願数がどの程度出るのか不安でしたが、昨年度の郵送受付の初日到着分とほぼ同数でした。そして第一志望で出願している受験者は成績・行動ともに全体的なレベルが高かったです。
 一般入試については、出願数が予想より少なかったです。原因が何にあるのか検証しなくてはならないと感じています。

 WEB入試の利点は、いつでも出願できる便利さがあります。締め切り間際の出願が多かったです。
 また近年は男子の出願数が多かったのですが、今年は内部幼稚園を含め女子の数が増え、ほぼ同数の合格者を出すことができました。

 来年貴校を受験する年中さんの保護者に一言アドバイスをお願いいたします。

 お子様についてはまず、「早寝早起き朝ごはん」をもとに規則正しい生活を心がけます。特に休日は早めに就寝させ、元気に一週間のスタートが切れることが大事です。体内リズムを早くから整えさせましょう。急がせないことがポイントです。

 お子様が集中力をつけることは大切です。話を落ち着いて聴くことができる、物事に集中して取り組むことができることが、その後の学力に大きく影響してきます。

 お子様への読み聞かせも大事です。時間を決めて毎日しましょう。寝る前の読み聞かせは、お子様の心が安定するのでお勧めです。

 保護者の心構えですが、お子様とゆとりをもって関わり、どんな人間になってほしいか、じっくりとお考えになるといいですね。そしてお子様に合った学校生活が送れるよう、いろいろな学校に見学に行くことをお勧めします。まず、そこの子ども達や教員が生き生きとしているかご覧になるといいと思います。

 最後に、来年4月に小学校に入学する年長さんの、これから3月末までの過ごし方に何かアドバイスをお願いします。

 お子様に関しては、「早寝早起き朝ごはん」をもとに規則正しい生活を心がけます。特に休日は早めに就寝させ、元気に一週間のスタートが切れることが大事です。体内リズムを早くから整えさせましょう。

 やはり集中力をつけることが大事です。話を落ち着いて聴くことができる、物事に集中して取り組むことができることが、その後の学力に大きく影響してきます

 小学生にはコミュニケーション力が必要です。目を見てきちんと挨拶ができる、ごめんなさいが言える、相手の気持ちをわかろうとするなど、人との関わりの第一歩を身に付けさせましょう。

 私立に通学する子は交通機関を利用することが多いので、危険察知能力も必要です。何回も家から学校まで往復し、危険を察知できるようにして、通学に不安がないようにしましょう。

 最後に保護者の皆様にお願いですが、「・・・ができないと入学できないよ」は禁句です。お子様が学校生活を楽しみにするような言葉かけをお願いしたいと思います。

 本日はお忙しいところお時間頂きましてありがとうございました。本当に参考になる良いお話を伺いました。当教室のお母さん方にも伝えたいと思います。

キッズさくらカレッジ幼児教室 上田豊治
キッズさくらカレッジ幼児教室 やちよ中央教室