2011.11.15 昭和学院小学校・山口校長インタビュー
 
 
 
 質問者 : キッズ塾長
 回答者 : 山口校長

 お時間頂きましてありがとうございます。
昭和学院の入試ではどのようなお子さんを望んでいらっしゃるのでしょうか。

 どういうお子さんに来ていただきたいかということですが、小学校に入った時に好奇心をもってみんなと一緒に勉強するというお子さんに入ってほしいと思っています。子供の意欲があるかということがひとつ。それから全部が出来て入ってくるわけではないと思いますので、この子が伸びていったらどうなるかという伸びしろのあるお子さんに入ってもらいたいなあと思っています。
 和というかみんなと仲良くやれることが一番大事だと思っています。いろんなことがあるでしょうが、最終的に人間が大好きというお子さんがいいかなと思います。
 面接の時に親御さんのお話聞きながら、ご家庭がみんなと一緒に何かをやろうかなという保護者の方に入っていただきたいなと思います。
 テスト自体がすごく難しいとは思っていませんので、子供が楽しんで好奇心をもって試験をやってくれれば良いかなと思います。

来年受験する保護者へのアドバイスをお願いします。

 試験準備を汲々とやってしまって、何かを楽しむことのできないお子さんにしてしまってはいけないと思います。我が子の成長をお子さんと一緒に楽しんでいただけるようならいいですね。
 子供が作品を作って帰ってきたときに声かけをしてあげるようなことも必要で、あまり勉強ばかり汲々とやると学ぶということが楽しくなくなってしまいます。新しいことを知るということは子供は本来的には好きなことです。その様な事を尊重してくだされば良いのかなと思います。
 面接の時にみなさん本は読んでますとおっしゃいますが、本読みも楽しんでやっていただけたらと思っています。
 それと勉強も大切ですが、しっかりした体をつくることも大切です。しっかりした体が作れていないと勉強以前の問題で、入学してから学校生活で必要な通学や体育などいろいろなことが出来ません。

本当に余裕を持って楽しみならがやることは大切ですね。いいお話を聞かせていただきました。

キッズさくらカレッジ幼児教室 上田豊治
キッズさくらカレッジ幼児教室 やちよ中央教室